万年雇われ男とお金持ちの小遣いの使い道についての価値観の差


最近長く乗った車を買い替えるときにふと頭をよぎったお金の使い道について思う節があったのでここに記しておこうと思います。自分はこれまで小遣いの大半は毎日職場で食べるご飯代とたばこ、通勤に使う車のガソリン代など、それらをさっぴた後にやっと残るもので、唯一の趣味である釣り道具にすべて費やしていました。それでも足りなければ12時間くらい週6日会社で仕事。仕事が終わり家に帰って自分ではじめたブログからの収入で賄っていました。貧乏だな~とかなんか不自由だな~なんて感じたことはあまりありません。そりゃもっと収入増えないかな~とか感じることはありますし、何か新しいことをはじめなければとも考えています。もう年齢は50代一歩手前まで来ています。これまで家族中心でお金使ってそれでやっていける範囲内で回していた車の購入代も子供たちがひとりは成人しひとりは大学進学とともに家を出て夫婦だけになったのでこれまでよりもいい車に乗りたい願望が増してきました。けどその時に貧乏虫の悪い癖が出てきました。「買って大丈夫なんだろうか?」、「もっと安い車を選んだほうが…」などどれも後ろ向きなことばかり。無理して買えない車を買おうとしているのではありません。今より少しだけ出費が増えますが買える車なのにです。そんなときに近くにいる尊敬する人物の話をきいたときに心が晴れました。そのひとは自分も憧れるような1000万いじょうもする車に乗っています。

その人が言うには「自分は欲しいと思ったら何としてどんなやり方を使ってでも手に入れる」というのです。欲しいのだったら買えばいじゃないかという考え方です。清々しくて気持ちいい考え方です。またある車の中古車屋さんをはじめたばかりのしっかり働いて将来フェラーリに乗りたいという若社長に、あるお金持ちの馬主さんがこう言い放ちました。「買いたければ今すぐ買えばいいじゃないか!買って仕事頑張ればいいんだよ」って。これにはハッと気づかされましたね。

結局「いつかは…」なんて言って言い訳してるだけで努力がおろそかになる。ビビらずに度胸一発ある人の方が成功しやすい。

小遣いは自分への投資だと思えばいいのです。今回のたとえ話で言うといい車に乗ってそれが自分への好影響になるのなら仕事にも自然と力が入るでしょう。それでいいんだと思います。自己投資というと=勉強や資格を思い浮かべますがそれだけではないのです。自分が明るく生き生きとした毎日を送るための投資と考えると決して無駄ではないのです。

最近サラリーマンの間で人気の小遣いを上手に使った息抜きの趣味
釣れる釣り情報サイトIl Pescaria

サラリーマンとて小遣いを増やすには節約よりも収入を増やす努力の方が賢明な最もたる理由


日本には古くからひたむきに我慢したり控えめにすることが美徳されてきました。食文化や生活習慣が欧米化してきている現代の中でも仕事の仕方や普段の日常生活においても未だに深く根付いてしまっているのが現状です。ことサラリーマンの小遣いについていも同じことが言えています。少ない給料からすこしでも多く小遣いを増やすのにサラリーマンであれば毎日の昼食を安く収めたり、そもそもの食事を抜くなどしてお金を浮かせるための努力をしている人が多くいます。がしかし、そのために貴重な努力を使うくらいならあるお金を節約するのではなく増やす方法を考えるほうがより建設的ではないかと思いませんか?けど普通の一般人ならばじゃあ、どうやって増やすの?そんなに簡単なことじゃない!と返事が聞こえてきそうですが、そう思った時点でもう負け組にいることを自覚したほうがいいです。なぜ自分はこのポジションなのか?夢に描いてたところに今自分がいるか?自問自答してみて下さい。節約で切り詰めながら貯めたお金は、たとえ貯金が増えたとしても生活は一向に楽になっていないはずです。収入を増やす努力の方が自分の乗りたい車にも乗れるでしょうし、大好きな趣味にお金をかけることも可能になってきます。

2019年サラリーマンのお小遣い平均が過去2番目に下回る

サラリーマン小遣い2019
2019年におけるアンケート調査では、男性会社員が月々使えるお小遣いが過去2番目の低い金額になりました。これは新生銀行が行った「サラリーマンのお小遣い調査(2019年)」に基づいた結果であり、男性会社員の平均は前年から3,098円減少し、月額36,747円となっています。また女性会社員の平均は前年から1,585円減少し、月額33,269円となっており、こちらは調査以来最も低い金額です。

ちなみに10年前の2009年の調査では、男性会社員の月々のお小遣いの金額の平均は45,775円でした。近年における金額の減少は顕著であり、会社員の生活に大きな影響を与えているといえるでしょう。お小遣いが減った理由としては、給料そのものが減少したことや、生活費の支出が増えたことなどがあげられています。

男性会社員の場合には昼食の費用を節約することで、女性会社員の場合にはお弁当を作って持参することで、お小遣いをやりくりする人が多いようです。その他には身近な副業に取り組む人も増えており、具体的にはポイントサイト・アンケートサイトやフリーマーケットなどを活用する人や、株式投資やアルバイトなどに取り組む人が多くなっています