2019年サラリーマンのお小遣い平均が過去2番目に下回る

サラリーマン小遣い2019画像
2019年におけるアンケート調査では、男性会社員が月々使えるお小遣いが過去2番目の低い金額になりました。これは新生銀行が行った「サラリーマンのお小遣い調査(2019年)」に基づいた結果であり、男性会社員の平均は前年から3,098円減少し、月額36,747円となっています。また女性会社員の平均は前年から1,585円減少し、月額33,269円となっており、こちらは調査以来最も低い金額です。

ちなみに10年前の2009年の調査では、男性会社員の月々のお小遣いの金額の平均は45,775円でした。近年における金額の減少は顕著であり、会社員の生活に大きな影響を与えているといえるでしょう。お小遣いが減った理由としては、給料そのものが減少したことや、生活費の支出が増えたことなどがあげられています。

男性会社員の場合には昼食の費用を節約することで、女性会社員の場合にはお弁当を作って持参することで、お小遣いをやりくりする人が多いようです。その他には身近な副業に取り組む人も増えており、具体的にはポイントサイト・アンケートサイトやフリーマーケットなどを活用する人や、株式投資やアルバイトなどに取り組む人が多くなっています

サラリーマンが小遣いを投資に回して資産1億5千万円まで増やした話

サラリーマンの株投資画像
サラリーマンは月々の給料が一定の範囲で決まっており、小遣いがいきなり急激に増えるという状況にはなりません。ただ一定の給料が必ず入ってくる現実的な労働と同時に投資をする事で、小遣いの使える範囲を効率的に増やしていくテクニックがあります。投資の中にも短期と長期を狙うスタイルがありますが、サラリーマンの場合はチャートを常に監視する短期の投機的な投資では安定してお金を増やす事は難しいです。

その為長期の投資に力を入れる事こそが、お金を安定的に増やしていける事に繋がります。例え年収が500万円に満たなくとも毎月の小遣いを少しずつ貯めていき優良企業の株を手に入れていけば、預貯金をするよりもお金が着実に増加していきます。

そのカラクリとして株には配当金というシステムがあり、増収増益をしている企業の株は特にこの配当金が増えやすい傾向にあります。徐々に所有株を増やしていけば、株自体が働く事で年間配当収入が300万円を突破する事も夢では無く、更に増収増益の企業は株価が上昇するので、所有する株の価値も自然と上がり、資産が膨れ上がっていきます。

この様に投資でいい流れに乗れれば、配当収入と同時に株自体の価値が上がり、例え年収500万以下のサラリーマンの小遣いレベルでスタートしても1億5千万円という資産を所有できる事を本物のサラリーマンが実際に証明しています。

サラリーマンが小遣いを増やすためにやりたい最適な方法3つ


サラリーマンが小遣いを増やすには、いくつか方法があります。ひとつは仕事が終わった後と休日にアルバイトをする方法です。最近は条件を細かく指定してアルバイトができます。仕事に関係したアルバイトであれば、仕事にも役立ち時給も高いので一石二鳥です。

昔からよくある副業が投資です。日本では株式投資やFXが有名ですが、最近は不動産投資も人気があります。最近はサラリーマン大家が注目を集めていますが、マンション投資であれば普通のサラリーマンでも実現可能です。

株式やFX、不動産投資はそれぞれメリットとデメリットがあります。投資で利益を出したい場合は、自分に向いた投資を行うことが大前提です。サラリーマンの中には、ネットビジネスでお小遣いを稼いでいる人も増えています。

お小遣い程度であれば、自分のブログを使ったアフィリエイトで稼ぐことが可能です。アフィリエイトとは自分のブログに広告を載せ、その広告をクリックして誰かが商品を購入したら報酬をもらえます。人によって収入は異なりますが、トップクラスの人だとサラリーマンの年収以上を1ヶ月で稼ぎ出します。何も難しいことはありません例えば釣りが趣味であればそれらの釣り情報サイトを立ち上げてみればいいだけです。好きなことで小遣い稼ぎができるなら続けられるでしょう。

アフィリエイトが苦手な人なら、ライティングで稼ぐことも可能です。クラウドソーシングを利用すれば、すぐにでも収入を得ることができます。

サラリーマンの小遣いを節約して他に役立てる有効な方法7つ


限られた小遣いの中からやりくりをするサラリーマンでも、節約できる方法があります。ひとつは昼食代を削ることで、安価な食事への切り替えをすれば地道ながらもゆとりを生み出せます。食事絡みとして、外食をしないことも大切です。
飲み会を避けるのもポイントです。一気に出費となるため、なるべく参加をしないのも選択肢と言えます。

コンビニの利用を回避することでも節約可能です。ジュース1本だけでも積み重なれば負担は増すため、買うにしてもなるべくスーパーへ行くのがおすすめです。同じ考えで、自販機の利用も控えた方が良いでしょう。便利ゆえについ買ってしまうものですが、これもまた割高であるために無用な負担が増してしまいます。

喫煙者の場合はタバコをやめることも大切です。ヘビースモーカーなら禁煙をするだけで大きな節約効果を得られ、尚且つ健康に良い、周りの迷惑にならないなどのメリットもあります。没頭できる趣味などがあれば節約もし甲斐があるというもの、男性が気軽に始められ人気のある釣り情報サイトや動画を覗いてみるとまた違った方法が見つかるかもしれません。

一日に使えるお金をきちんと管理するのも節約の秘訣です。1ヶ月で使えるお金と考えてしまうと、気が大きくなり散財をする可能性があります。その日だけに使える上限を決めておけば、その中でやりくりをするほかなく、月終わりにもある程度の余りを生み出せるはずです。

サラリーマンの少ない小遣いを貯金にまわすための方法


毎日汗水流して精一杯働いている世の中のサラリーマンですが、稼いできたお金は家や車のローンや子供の学費、そして貯金へとまわされるため、自分の小遣いとしてもらえる金額は微々たるものだといっても過言ではありません

。サラリーマンの平均小遣い額は約40000円という調査結果がありますが、あくまで平均であって全てのサラリーマンがそれだけの金額をもらえているわけではないのです。中には20000円という人もいて、少ない小遣いで上手にやりくりをする必要があります。その中から少しでも貯金へとまわすために、陰には涙ぐましい努力があるのです。

まずその方法として、ランチ代を抑えることが最も手軽だといえるでしょう。現在ではワンコイン以下で食べられるお店が数多く存在しており、それらを上手に利用することが必要不可欠だといえます。本当ならば隣のお店で中華を食べたいと思いながら、食事の中身よりも値段を重要視しなければならないという我慢が大切となりますが、貯金にまわすためには欠かすことができません。また、サラリーマンならば付き合いの飲みの席が多いものですが、少しでも出費を抑えるためには、おしゃれなお店よりも大衆酒場や立ち飲み屋のようなお店を選ぶことで、日々の飲み代を抑えることにつながります。

サラリーマンの年収別のお小遣い調査!収入の何割が妥当か!?


果たして日本のサラリーマンは、毎月どれ位のお小遣いでやりくりしているのでしょうか。年代別・男女別・婚姻状況等による違いを見ながら、妥当額について見ていきましょう。

某銀行が毎年行っている調査によると、2017年の男性会社員の平均お小遣い額は約3万7千円です。年代別に見ると20代から40代は大きく差はないのですが、50代は約4万4千円とやや高くなります。年収が上がっても大きく金額が変化しない背景として、退職後や老後の生活を考えて貯蓄に励む傾向があるからではないか、と推察されています。また、既婚・未婚・子供の有無でも違いがあり、独身者は既婚よりも高く、妻が専業主婦・子供なしの男性は低いという結果も出ています。
一方の女性会社員の平均額は約3万4千円で、男性とは逆に年代が上昇するに連れ低くなります。20代女性は男性50代とあまり変わらず、約4万2千円と高いのですが、50代になると3万円を切っています。こうなってくると趣味にも使えるお金はほとんど残っていないと思われます。あまりお金を掛けなくとも男性の趣味として釣りは人気が高く釣り情報サイトはいまや人気の的となっています。

一般的に、ファイナンシャルプランナーが算出する小遣い妥当額は、年収の1割と言われていまので、手取り年収600万円を例に取ると年間で60万円、月額5万円が妥当ということになります。ただしこの年収というのは、世帯の家計収入総額を指し、既婚であれば小遣い額は夫婦二人分の額となります。そこに上記のような条件を加味すると、やはり余力を残した範囲でやりくりをする事が必要と言えるでしょう。