サラリーマンが小遣いを投資に回して資産1億5千万円まで増やした話

サラリーマンの株投資画像
サラリーマンは月々の給料が一定の範囲で決まっており、小遣いがいきなり急激に増えるという状況にはなりません。ただ一定の給料が必ず入ってくる現実的な労働と同時に投資をする事で、小遣いの使える範囲を効率的に増やしていくテクニックがあります。投資の中にも短期と長期を狙うスタイルがありますが、サラリーマンの場合はチャートを常に監視する短期の投機的な投資では安定してお金を増やす事は難しいです。

その為長期の投資に力を入れる事こそが、お金を安定的に増やしていける事に繋がります。例え年収が500万円に満たなくとも毎月の小遣いを少しずつ貯めていき優良企業の株を手に入れていけば、預貯金をするよりもお金が着実に増加していきます。

そのカラクリとして株には配当金というシステムがあり、増収増益をしている企業の株は特にこの配当金が増えやすい傾向にあります。徐々に所有株を増やしていけば、株自体が働く事で年間配当収入が300万円を突破する事も夢では無く、更に増収増益の企業は株価が上昇するので、所有する株の価値も自然と上がり、資産が膨れ上がっていきます。

この様に投資でいい流れに乗れれば、配当収入と同時に株自体の価値が上がり、例え年収500万以下のサラリーマンの小遣いレベルでスタートしても1億5千万円という資産を所有できる事を本物のサラリーマンが実際に証明しています。