サラリーマンの少ない小遣いを貯金にまわすための方法


毎日汗水流して精一杯働いている世の中のサラリーマンですが、稼いできたお金は家や車のローンや子供の学費、そして貯金へとまわされるため、自分の小遣いとしてもらえる金額は微々たるものだといっても過言ではありません

。サラリーマンの平均小遣い額は約40000円という調査結果がありますが、あくまで平均であって全てのサラリーマンがそれだけの金額をもらえているわけではないのです。中には20000円という人もいて、少ない小遣いで上手にやりくりをする必要があります。その中から少しでも貯金へとまわすために、陰には涙ぐましい努力があるのです。

まずその方法として、ランチ代を抑えることが最も手軽だといえるでしょう。現在ではワンコイン以下で食べられるお店が数多く存在しており、それらを上手に利用することが必要不可欠だといえます。本当ならば隣のお店で中華を食べたいと思いながら、食事の中身よりも値段を重要視しなければならないという我慢が大切となりますが、貯金にまわすためには欠かすことができません。また、サラリーマンならば付き合いの飲みの席が多いものですが、少しでも出費を抑えるためには、おしゃれなお店よりも大衆酒場や立ち飲み屋のようなお店を選ぶことで、日々の飲み代を抑えることにつながります。