サラリーマンの年収別のお小遣い調査!収入の何割が妥当か!?


果たして日本のサラリーマンは、毎月どれ位のお小遣いでやりくりしているのでしょうか。年代別・男女別・婚姻状況等による違いを見ながら、妥当額について見ていきましょう。

某銀行が毎年行っている調査によると、2017年の男性会社員の平均お小遣い額は約3万7千円です。年代別に見ると20代から40代は大きく差はないのですが、50代は約4万4千円とやや高くなります。年収が上がっても大きく金額が変化しない背景として、退職後や老後の生活を考えて貯蓄に励む傾向があるからではないか、と推察されています。また、既婚・未婚・子供の有無でも違いがあり、独身者は既婚よりも高く、妻が専業主婦・子供なしの男性は低いという結果も出ています。
一方の女性会社員の平均額は約3万4千円で、男性とは逆に年代が上昇するに連れ低くなります。20代女性は男性50代とあまり変わらず、約4万2千円と高いのですが、50代になると3万円を切っています。こうなってくると趣味にも使えるお金はほとんど残っていないと思われます。あまりお金を掛けなくとも男性の趣味として釣りは人気が高く釣り情報サイトはいまや人気の的となっています。

一般的に、ファイナンシャルプランナーが算出する小遣い妥当額は、年収の1割と言われていまので、手取り年収600万円を例に取ると年間で60万円、月額5万円が妥当ということになります。ただしこの年収というのは、世帯の家計収入総額を指し、既婚であれば小遣い額は夫婦二人分の額となります。そこに上記のような条件を加味すると、やはり余力を残した範囲でやりくりをする事が必要と言えるでしょう。